おしらせ

東京!日本橋!!長崎館!!!

長崎県茶業協会の活動で

3月3日~4日の2日間、東京日本橋にあります

長崎県のアンテナショップ【長崎館】のイベントブースにて、

ながさき玉緑茶(たまりょくちゃ)の

試飲販売&お茶の淹れ方教室を開催してまいりました!!

お茶の淹れ方教室では、佐世保市、松浦市の概要説明やお茶の歴史、玉緑茶の特徴、製造方法についてお話させて頂いた後、お客様自身で、おいしいお茶を淹れて飲んで頂きました。

参加された方からは  

『いつものとは別物!』 

『1煎目、2煎目、3煎目と味が変化して何杯も楽しめる!』 

『甘くておいしい!!』  と好評頂きました(*^_^*)

試飲、販売では、 玉緑茶【松浦の かおり】【不老の しずく】  ペットボトル【松浦のお知家】 

準備し、お茶の淹れ方教室の効果もあって、試飲販売は、時折テンヤワンヤ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

世知原の前田製茶サンと法知園合わせて1200杯もの

試飲をして頂いた上,予想を超える御盛況頂きました(●^o^●)

 

 

たくさんの方と長崎県の事、玉緑茶の事をお話しさせて頂き、勉強になる事、吸収する事ばかり

の2日間でした!!

来場された方、協力頂いた方、長崎館の方々本当にありがとうございました!!m(__)m

 

 By:美明  
2018年3月18日 (日)

お茶の喫茶店・・東京編「東京茶寮」さん

先週 東京の東京茶寮さんに行ってきました。白と黒を基調とした洒落た造りの店!お茶の飲み比べで「おくみどり」と「こいしづく」を頂きました。
落ち着いた雰囲気の茶店、またこの空間がお茶の味を引き立て、お菓子がまた引き立てる。私も将来は茶店をやってみたいな~と思う時でした。

 By:社長  
2018年3月10日 (土)

「松浦のお知家」第2弾今週より発売開始

松浦のお知家が今年も美味しく出来ました。
価格は昨年と同価格¥150円で販売します。
ケース単位でのお買い上げは¥3,240(ケース)一本当たり¥135です。是非ご試飲下さい。
3/3に東京日本橋長崎館で試飲会 3/4は松浦おかし祭りで試飲販売会を行いました。なかなかの味とスッキリ感、味が薄そうで濃いという今回も自信をもってお薦めします。
販売は 海のふるさと館 デイリーヤマザキ小島店 各酒屋さん ホウチエンで販売します。また今後は、当店のyahooショッピング、ふるさと納税でもお買い求めいただけます。

 By:社長  
2018年3月10日 (土)

「松浦のお知家」松浦市長に報告

松浦市志佐町の茶製造販売業「法知園」(井手真悟代表)は新商品のペットボトル「松浦のお知家(ちや)」を開発し、5日、同市役所で友広郁洋市長に報告した。

 松浦茶は品質の良さでは県内でも有数とされるが、あまり知られていないのが現状。同市内に約5ヘクタールの茶畑を持つ井手代表は松浦茶をPRしようと、富山県の業者に依頼し、一番茶だけを使用して低温抽出し、製品化した。渋みを抑え、すっきりとうまみの際立つ味わいが特徴だ。

 ギフト販売も兼ねる同社が扱う結納品の中に、互いの家を知る「お知家セット」があることから商品名が付いた。「時間をかけて口当たりを研究した。夏を迎え、お中元などにも使ってもらえたら」と井手代表。友広市長は「待望の商品ができて喜ばしい。まずは地元の集まりで広まるよう後押ししたい」と上機嫌だった。

 500ミリリットル160円。5月から自店や地元コンビニエンスストアなどでテスト販売を開始し、今後、設置店を増やすという。

=2017/06/06付 西日本新聞朝刊=

2017年7月3日 (月)

2017年新茶好評販売中

こんにちは!!今年もおいしい『新茶』が出来ました!!

自家用やギフト用に取り揃えていますのでお気軽にご来店下さいね!!

 By:筒井  
2017年5月24日 (水)

ペットボトル緑茶販売スタート!!

ゴールデンウィークとてもいいお天気に恵まれていますね!!今年は連休期間中お天気がいいみたいでお出掛けされる方も多いのでは・・・

今日は日差しが暑くなってきたお出掛けにピッタリのお茶のご紹介です!!ようやくペットボトルのお茶の販売がスタートしました!!

松浦産の良質な1番茶だけを使用したお茶になります。『パッケージ』も松浦の海をイメージした涼しげなデザインになっております!!

1本150円で販売中です!!お得なケース販売もございます。1ケース24本入り3,240円です

ゴールデンウィーク中も休まず営業いたしておりますのでお出掛けのお供にぜひ法知園のお茶を持って行かれてはいかがでしょうか。

2017年4月30日 (日)

松浦のお知家(お茶)のペットボトル

今回 松浦市の新商品開発事業で「松浦のお知家」ペットボトルを試験作成してます。 内容は、ながさき玉緑茶の松浦産限定を材料としたお茶です。 なぜ、「お知家」かとういうと結納の時にお互いの相手を知るという意味で「お知家」が当て字で使われています。特に佐賀、長崎、福岡などの地域が多いようです。 お茶は元来コミュニケーションツール。「家を知る」ために心をこめてもてなされていたものです。 そんな想いを回帰させる、昔ながらのおいしいお茶になればと思います。

2017年3月14日 (火)